バイクでキメタ!ちょい悪オヤジたちのツーリングチーム スタートータスツーリング バイク オートバイ チーム クラブ スタートータス
Googleサイト内検索
スタートータス事務局

〒732-0811
広島市南区段原4-9-4-1
TEL:082-263-0745
FAX:082-569-9939
携帯サイト用QRコード
keiの「今日の出来事(不定期)」|スタートータス

keiの「今日の出来事(不定期)」

keiの「今日の出来事(不定期)」

スタートータス1の好青年(笑)が日々の雑記をダラダラ書き綴って行く日記。

どこで止めるかも自分次第。

2016/09/04 22:30:09  バイクもろもろ

自分では合理的な判断ではないかと思っているのですが?

先週手元にきた9Rの修理パーツをさっさと組んでしないたいのだが、週明けにこの辺りを台風が通過する見込み。
昨年かその前年には久々の直撃コースでカバーの中まで塩水が入り込んで往生した為来週に洗車をしようと思っているのだけど、全部やるのは難しいしなにより今週末の晴れ間を何もしないのはもったいない!!

てな訳で考えた結果、 

・グラ子は今週いったん洗車して台風により汚れが我慢できないほど酷いようであればまた洗車する
・9Rは注文したリアブレーキのシールを交換、組み上げて新しいフルードを入れる前の状態で台風が通過するのを待ち、翌週にその後の作業と全体の洗車をする

という事に決定。

いくら台風の雨風が強くてもキャリパーの内部には影響がないだろうし、この前フロントブレーキのフルード交換をミスってせっかく洗ったキャリパーにまた水かけたのも教訓にしないといけないし、どうせ水かけるなら塩水がかかった車体全体を洗ってしまいたいしそれならいっぺんにやってしまえ!という理由、我ながらいい落とし所ではないかと自画自賛(笑)


てな訳で土曜と日曜の午前で上記の内容をきっちり実施。

土曜はグラ子の洗車とついでにシグナスも洗車し日曜はグラ子の給油と9Rのキャリパーをばらす。
キャリパーはシールを交換するつもりだったので車体から外したあと躊躇なくペダルを踏んでいき、ついにピストンがポロっと取れるまで出していく。
外したピストンはピカールでしっかり磨き、キャリパーのシール溝も油汚れを取って(ネットではシールの溝を研磨しているのも見たが、そこまではやるのを躊躇したので削らない範囲でしっかり洗う)
ラバーグリスをちょこっと塗って溝に入れ、洗ってキレイになったピストンにもグリスを薄く塗ってはめ込んでいくと、
予想以上に抵抗がなく一番奥まで入り込んでしまう!!



けどこの状態ではピストンを出してくるのは出来ない為残りを組んで終了。
薄く塗ったグリス分が足りない事がない事を祈る・・・。




グラ子は9Rと比べてちょっとぞんざいな扱いですが、これもコイツの運命。
水が余ったのでコイツも洗車(一番稼働しているのに最もぞんざいに扱われる可哀そうな子)
スピナハンドルとソケットレンチで使える六角?は前回この箇所を脱着するのに苦労した教訓で購入していた。
ピストンは単体になると磨きやすい(当たり前)
フルードが入っていないので、パッドは浮いてしまっているまま。

コメント

コメントはありません
カテゴリ
<<2016年09月>>
MonTueWebThuFriSatSun
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
最新エントリ
最新コメント
ブログリスト
Copyright(C) 2007 StarTortoise All rights reserved.