バイクでキメタ!ちょい悪オヤジたちのツーリングチーム スタートータスツーリング バイク オートバイ チーム クラブ スタートータス
Googleサイト内検索
スタートータス事務局

〒732-0811
広島市南区段原4-9-4-1
TEL:082-263-0745
FAX:082-569-9939
携帯サイト用QRコード
ツーリングレポート 2007年04月14-15日 大分|スタートータス

ツーリングレポート 2007年04月14-15日 大分

【4月14日 土曜日】

下松SAに集合

下松SAに続々集合
下松SAに続々集合
天気のほうは、2転・3転してなんとか2日とも大きな崩れは無いようだ。
中国自動車道・下松SA(7時)集合なのだが、りえ坊は4時30分には集合場所へ到着した。続いて6時にはPUYOが数分後にはサキちゃん〜結局6時30分にはほとんどのメンバーが集合してました。気合い、入りまくり!!

このあたりは標高も高く、かなり気温が低く寒い寒いとみんな言ってるのに、シバタさんだけはかなりの軽装だ・・・どうやら、寒さを感じないらしい。
会長のFJR1300の後ろにはkei君が乗っている。下関まで乗ってくらしいのだ?
遠く尾道からサコ君もやってきて、山口のCOZY君へ今から出ると電話しさぁ!出発!!

富海PA〜壇之浦PA

富海PAあたりで走りながらCOZYと合流。ノンストップで、壇之浦PAまでつっ走ります!(121.3キロ走行)なかなかいいペースで走ってきたので8時30分には到着。壇之浦PAでは長めの休憩を取ることに・・・広島組で記念撮影をカシャ!
ここまで来れば気温も上昇、快適なツーリングとなりました。

下松SAを出て一気に壇の浦PAに到着
下松SAを出て一気に壇の浦PAに到着
関門橋を今から渡ります
関門橋を今から渡ります
広島組で集合撮影
広島組で集合撮影
ユースケも入れて撮影
ユースケも入れて撮影

〜古賀SA〜大宰府IC

古賀SAにて給油と休憩
古賀SAにて給油と休憩
結局9時出発で次の休憩・ガス補給の古賀SA(62.3キロ走行)を目指します。

関門橋を渡り九州に入ると急に車の流れが速くなりました。トラックもかなりのスピードを出して走っています。みんな大丈夫かな?車は渋滞も無くスムーズに流れており、古賀SAには予定通り9時45着・休憩とガス補給で10時過ぎ出発です。

23キロ走行で、大宰府ICを九州組みとの合流時間10時30分に数分前に降りる。バイクにETCを付けているリエ坊、COZY、サコ君は簡単にETCレーンを通過!羨ましい!

広島組・九州組合流

大宰府ICを降りて迷いながらも九州組と合流
大宰府ICを降りて迷いながらも九州組と合流
高速を降りて、すぐの場所で待ち合わせが、九州組みの人がいません!結局かなり走っていたらマクドナルドの駐車場に西さんが一人腕を振ってました。やっと止まって10数台がUターン開始です。
どうやら九州組のナミちゃんが寝坊で、九州組みが遅刻したとのことでした。

道の駅山国

道の駅山国で昼食タイム
道の駅山国で昼食タイム
ここからは、田頭さんのBMWWが先頭ナビで、3班に分かれて走りました。あんな道、こんな道、L字クランクやS字カーブの市内を抜け、やっと山道へ・・・次第にペースも上がり3班が離ればなれに成ってきました。
12時30分頃先頭集団が道の駅山国へ到着、昼食開始。3班目が到着する頃にはすでに、食事も済んだ頃でした。

還暦ライダー1号のシノさんのKTM-デュークのモタード仕様にみんな興味津々。
さっそくPUYOは試乗のため山道を駆け上がる!マフラー変えてるのにおとなしい音で、モノ足りずバッフルをはずすことに・・・バルル〜ン!!これならOK!!シノさんも大満足。しかし、ちょっとうるちゃいぞ!

全員飯食って、さぁ元気出発!

耶馬溪〜水分峠

耶馬溪を経由し玖珠に抜け水分峠へ到着『とうさん』と合流
耶馬溪を経由し玖珠に抜け水分峠へ到着『とうさん』と合流
ここからは田頭BMW先頭にハイペースバトルの始まり始まり!!2番手にガチャピン!3番手にCOZY、4番手にはチカちゃん。その後ろにか〜るくPUYOが走る!
耶馬溪を経由し玖珠に抜け水分峠を目指して、もう結構というぐらい走り回りました。
水分峠では大分のとうさんと合流。宿はすぐそこ!

ここで、オプショナルの「温泉堪能組」と「ワンディングこれでもか」に別れますと田頭さん。しかし広島組の誰一人「ワンディングこれでもか」には手を上げない。それもそのはず!ここまで既に400キロ走っています。みんな「ゆっくり温泉堪能組」です〜ぅ。

岩下コレクション

そこで、本来はガリバー2号さんが一人で行く予定の湯布院にある、「岩下コレクション」へ全員で向かうことになりました。水分峠からは5分程度で到着です。

行って良かった!!「岩下コレクション」昭和初期のお店や映画のポスター、生活品が満載で一番奥にはレトロバイク(HONDAの原動機付き自転車1号車や・・・)が沢山陳列されてました。
帰り際に「岩下コレクション」のねーちゃんが記念写真をパチリと撮影。コレクションとして展示するとのこと?広島組のみんなは大満足でした。

全員で岩下コレクションへ行く
全員で岩下コレクションへ行く
何だか楽しそうだ
何だか楽しそうだ
敷地は意外と広い、他のバイク野郎達もいた
敷地は意外と広い、他のバイク野郎達もいた
昭和初期の床屋さん、ユースケのご先祖様
昭和初期の床屋さん、ユースケのご先祖様
昔なつかし、タバコ屋
昔なつかし、タバコ屋
車もあるよ
車もあるよ
HONDA CBX
HONDA CBX
レトロなバイクが沢山あるぞ
レトロなバイクが沢山あるぞ
映画館の映写機とNHKのテレビカメラ
映画館の映写機とNHKのテレビカメラ

民宿「なか」に到着

湯布院からは、少し遠回りして30分くらいで、今夜の宿・民宿「なか」へ16時過ぎには到着。
宿に上がる坂道で西さんのハーレーが立ち往生。4人がかりで押さえるも、うまく上げられず、ここで、男?ナミちゃん登場!簡単に上まで上げちゃいました。

広島組の部屋は、離れの1軒家でかなり広い!離れの横には檜風呂と露天風呂があり、下に行けば、大展望浴槽がありました。食事まではたっぷり時間も有り、みんな「温泉堪能」しました。しかしここの温泉は源泉温度が70度で、とっても熱〜い湯でした。

ここがお泊りする民宿『なか』
ここがお泊りする民宿『なか』
この坂道で西さんリタイヤ
この坂道で西さんリタイヤ
離れの1軒宿。九州組と女性人の部屋
離れの1軒宿。九州組と女性人の部屋
総ヒノキでできた温泉
総ヒノキでできた温泉
こちらは広島組の4人部屋
こちらは広島組の4人部屋
広島組の大部屋
広島組の大部屋
ベランダの眺めは最高!
ベランダの眺めは最高!

大宴会

総勢23人!
総勢23人!
大人数での宴会開始
大人数での宴会開始
18時からは23名の大宴会の開始です。

まずはスタートータス会長山根さんへ九州の方より記念品を頂き。今回初参加のCOZY、ガリバー2号、西さんが自己紹介。
食事は地元で採れた食材がメインに、鱒の刺身は絶品ものでした。ビールもあっというまに数十本空き、芋焼酎や日本酒もたっぷり飲み干し、部屋に帰って2次会開始です。
しかし、1日目はここまでは何のトラブルも無く終了。後は夢の中!
豪華な料理、他にも出ました
豪華な料理、他にも出ました
大部屋で2次会の乾杯〜
大部屋で2次会の乾杯〜
かなり酔ってきたぞ
かなり酔ってきたぞ
こちらでも盛り上がる
こちらでも盛り上がる
飲みすぎてダウン!
飲みすぎてダウン!

【4月15日 日曜日】

大観峰

翌朝、いきなり大観峰にワープ
翌朝、いきなり大観峰にワープ
9時出発の予定が、8時半出発となり、心配されたナミちゃんも時間通りに起きて(食事はできなかったが)出発です。3人がかりで無事西さんのハーレーも下におろしさあ出発。
天気も何とか保ちそうで一安心。やまなみハイウェイを大観峰に向かって走りました。宿からは車も少なくかなりのペースで走れますが、中には昨夜のおサ○が残ってる人も・・・

やはり先頭は核弾頭の田頭さん、続いてチカちゃん?ガチャピン?COZY?何故だかハヤブーのオーちゃんがPUYOの前を走ってる!後ろから来た2台のバイクにあっさり抜かれるも・・・ハヤブーの実力を見せてやる瞬間が・・・のはずPUYOが後ろからプレッシャーをかけるも、オーちゃん首を横に振りダメシグナルだ!

そ〜こ〜してると無事大観峰に到着です。ガスっていて景観は今ひとつでしたが、雄大さは感じたはず!
ここでピヨやまてなる人が、亀家の秀さんをベンツに乗せ合流予定だが、バイク組が早く付いたので阿蘇ファームランドで合流することになりました。
大観峰もじっくり見学できてさぁ、出発です。
ガスってて眺めはイマイチ
ガスってて眺めはイマイチ
なにやら真剣に話してる
なにやら真剣に話してる
大観峰で集合写真
大観峰で集合写真
大観峰案内石碑
大観峰案内石碑

阿蘇ファームランド

ここで車で駆けつけた秀さんピヨ○まてさんと合流
ここで車で駆けつけた秀さんピヨ○まてさんと合流
昼飯と土産の阿蘇ファームランド
昼飯と土産の阿蘇ファームランド
途中ガングロ・スーさんが猿山ではぐれるも阿蘇ファームランドへ12時前には到着。ベンツも到着で、ピカピカのベンツから、ピカピカ頭の秀さん登場!こんなとこで秀さんと出逢えるとは・・・です。
阿蘇ファームランドでは一時間の食事・お土産タイムです。

熊本インター〜広川SA

ここを出発して俵山を経由の方が景色、道路状況も良く、更に日曜の午後ということでの阿蘇から熊本インターまでの国道57号の混雑も避けられるということでしたが、時間が早いので直接国道57号線を走り熊本市内を目指すことにしました。
ここで、シバタさんが西さんを早めに送り届けるためみんなとは別行動で、国東からフェリーにて徳山へ渡って帰るとのことでしたが、西さんを置いてさっさと走り去っちまったよ!?何とか連絡も付きたぶん西さんも合流できたであろう・・・

国道57号線はその間混むこともなくスムーズに安全速度で走り、熊本インターから高速道へ上がりました。
広川SAには14時に到着で、休憩とガス補給・九州組と解散です。あとはひたすら帰るのみ!ところが、広川で止まるはずがハヤブー(オーちゃん)が走り去っちまったよ。結局古賀でガスを注いで合流することに・・・

高速に乗り広川SAで給油・休憩・九州組とお別れ
高速に乗り広川SAで給油・休憩・九州組とお別れ
ここからは一路広島へ
ここからは一路広島へ
名残惜しく会話がはずむ
名残惜しく会話がはずむ
では、いろいろお世話になりました
では、いろいろお世話になりました

広川〜めかりPA

広川から一気にめかりPAへ走る
広川から一気にめかりPAへ走る
広川から次の休憩めかりPAまでは121キロをノンストップで走ります。
しかしここでトラブル発生!!ユースケのリュックのチャックが開き、高速道路にお土産とグラブをばらまいちまったのよ。昨年のリエ坊に続き、学習できないヤツである!
それ以外は予定よりも2時間早い15時30分に到着。
師匠の姿が見えない。30分待っても師匠のバルカン1500が来ない!?しかたなく置いていくことに・・・

めかりPA〜佐波川SA

玖珂PAにて全員解散。会長のお話の後、各々帰路につく
玖珂PAにて全員解散。会長のお話の後、各々帰路につく
佐波川SAにて給油・休憩・COZYとお別れ
佐波川SAにて給油・休憩・COZYとお別れ
次の休憩・ガス補給は78.8キロ先の佐波川SAです。
しかしここでまたトラブル発生!佐波川SA直前のトンネル内でまたPUYOのエンジンが吹かなくなる。なんとかトンネルを抜けて路側に止めてにると、どうやらガス欠のようだ、リザーブにしてまた走り始め、17時には着いて師匠と無事合流。
COZYとはここでお別れ、たぶん彼が一番早く家に帰れるであろう!いよいよ解散場所の玖珂PAには60キロです。

玖珂PAで解散

今回は大きなトラブルもなく、皆無事に19時には家につきました。

先に帰ってるはずのでこぼこコンビのシバタ・西さんは1時間遅れで帰ったそうです!
無事でなにより。

メンバーのBLOG

PUYOのブロ・ブロBLOG
PUYOのブロ・ブロBLOG
RIE坊日記
RIE坊日記
2号のガリバー日記
2号のガリバー日記
サキちゃんのピヨピヨ日記
サキのピヨピヨ日記
keiの「今日の出来事」
keiの「今日の出来事」
Copyright(C) 2007 StarTortoise All rights reserved.