バイクでキメタ!ちょい悪オヤジたちのツーリングチーム スタートータスツーリング バイク オートバイ チーム クラブ スタートータス
Googleサイト内検索
スタートータス事務局

〒732-0811
広島市南区段原4-9-4-1
TEL:082-263-0745
FAX:082-569-9939
携帯サイト用QRコード
初代会長・師匠の「キャンプファイヤーがやりたい」の一言から、スタートータス5周年記念の蒜山キャンプツーリング企画がもちあがり、ようやくその日を迎えることとなりました。|スタートータス

ツーリングレポート 2006年07月22.23日 蒜山キャンプ

 初代会長・師匠の「キャンプファイヤーがやりたい」の一言から、スタートータス5周年記念の蒜山キャンプツーリング企画がもちあがり、ようやくその日を迎えることとなりました。
 

7月22日(土)

 いよいよ蒜山高原キャンプ場、一泊ツーリングの日がやってきた。前日まで日本列島に大雨が猛威をふるってたという最悪な天候の中、当日朝は奇跡的に曇り空。バイクでテント泊に自炊という、天候に大きく左右される企画に参加したメンバーは15名。1人・2人なら装備も簡単に済むが、なにせバイク14台あってもキャンプ道具が積めない!多人数になればなるほど重装備が必要となるのである。そこで車で参加のフジさんの奥様に荷物と、ドイ君を積んでいただき、大助かり。爆ふじさんホントにありがとう。(福岡から参加のドイ君は九州の天候が悪いので、バイク参加を断念する、軟弱者め)でドイ君は、奥様のしもべとなり、運転手を務めることに・・・
 
みんな続々と集まってきたぞ!
みんな続々と集まってきたぞ!
やっぱり天気が少し悪いですね〜
やっぱり天気が少し悪いですね〜
バイクは場所をとらないように並べよう
バイクは場所をとらないように並べよう











 いつ雨が降り出すかという曇り空の下、中国自動車道(安佐SA第1集合場所)ここでほとんどの参加者が集合!のはずが・・・まだ1人足りない。「誰じゃ」と幹事長!「やっぱりのりたまか〜!!」 しかし実は前々日に、のりたまさんから午前中は仕事で現地集合しますと連絡があったのを、すっかり忘れていた幹事長。一同、ありゃりゃ〜〜で、ごめんなさい、のりたまさん!結局一番最後の到着はmi君、オーちゃんだったのです。じゃあ出発しましょう!
 
バタやん「ボクの走り、どうですか?」
バタやん「ボクの走り、どうですか?」
 バタヤンがバイクでの高速道走行は初めてとのことで、幹事長とオーちゃんのZRXがバタヤンを挟んで、高燃費走行で後列を進みます。最後尾はもちろん超安全運転派の師匠!
 
 サコ君との集合場所(七塚原SA)までは74キロの道のり。ところが、三次を過ぎて七塚原SAまであと3キロ手前で、路肩にサコ君らしき人とバイクが停車してるではないか・・・急なことで止まることができずに、七塚原SAまで走ると、先に着いていたガチャピンが、サコ君と電話連絡を取っている最中。どうやら高速に入りエンジンを回したせいで、焼きついたみたい。バイクはホンダのシルクロード250単気筒で、数十年前の旧車!サコ君によるとサービスを呼んだらしくリタイアするかも?とのことで、メンバーが残念がる中、気を取り直して出発!しかし早くもトラブルの発生で先行きが不安だなぁ。
 
 次の休憩場所(大佐SA)までは67キロの道のりで、ここまでは何事も無く無事到着。休憩後再び出発!それまではおとなしく走っていた幹事長も、ツルツルタイヤに気を使いながら先頭集団へ、ZZRのmi君続いて幹事長、後ろにはpekeZSさんと爆フジさん、BM森ちゃんとそのあとはわからない。中国道から米子道へ入り一路(蒜山高原SA)へと向かう途中に、またもやトラブル発生!蒜山高原SA手前3キロくらいで、幹事長のZRX号のエンジンが1発死んだ。それでもまだ3気筒残ってるので何とか走れる、しかしすぐに2発目が死にかけ、瀕死の状態となる。後ろからは次々とメンバーが追い越してゆく中、mi君にエンジンを指差しトラブルを伝えてゆっくり走る。トンネル内では後ろから、トラックが接近!ハザードランプを灯けながら一般道並みの安全運転速度で走り、やっと蒜山高原SAへ到着と同時にエンジンが完全に死んでしまった。
 
手慣れてますね〜
手慣れてますね〜
恥ずかしいから、早くタンクを乗せてよ〜
恥ずかしいから、早くタンクを乗せてよ〜
川崎のタンクはいらんかねぇ〜
川崎のタンクはいらんかねぇ〜
誰か、タンク落としてますよ・・・
誰か、タンク落としてますよ・・・
大道芸?後ろの人、笑ってるよ
大道芸?後ろの人、笑ってるよ
 さっそくmi君が工具を出して待ちかまえており、「さてタンクはずすか」のかけ声。状態を説明しなくても、すぐにタンク外しにとりかかる。手慣れたもんだ・・・と、何度幹事長のバイクがこの状態になったことか。前回の島根日帰りツーのZZR250さんの、再現フイルムを見ているようだ。そこにオーちゃんも加わりプラグを全て外しました。他の人は先に食事を済ませてもらい、3人で作業続行です。火花チェックでは、なかなか火が飛ばず苦労しましたが、やっとのことで火も飛ぶようになり、ホット胸をなでおろす。
 
 が、いざプラグコードを差し込むのに、全て外したためにプラグコードの順番が分からない!キャンプ場はすぐ近くなので、他の人には先に現地へ向かってもらうことに。?オーちゃんのZRX号のタンクを外し順番を見よう!ということに、オーちゃんのZRXがいてよかった。タンク下のホースが硬くてなかなか外れない!そんな、こんなで、結局修理時間に1時間はかかってしまった。やっとこさで3人が食事にありつけました。オーちゃん、mi君ご苦労様でした。
 
 蒜山高原SAから蒜山ICまでは200メートルくらい。高速道を降り5キロで蒜山高原キャンプ場!設営や買い出しは済んだかな?・・・アレッまだ出来ていない?師匠がキャンプ場入り口を間違えあちこち走り周り、30分はロスタイムしたらしい。常設テントは大雨で水びたし状態で、さっそくインナーを外に出し乾かして、16時くらいから食事を作る予定が17時30分になってしまった。まだ明るいうちに、のりたまちゃんも合流!お疲れ様でした。
 
さすが師匠、マキくべ達人
さすが師匠、マキくべ達人
誰も近寄れないオーラが出てる!
誰も近寄れないオーラが出てる!
会長仁王立ち、みんな働け!!
会長仁王立ち、みんな働け!!
 かまどでは、師匠がはちまき姿で、火を見ている。年期が入ったお姿に若衆たちは見守るしかない。でやっと食事が始まったのは、暗くなり始めたころでした。サコ君に連絡を取ると後で来るとのこと?どうやってくるの??
 
いや〜一息つきましたね
いや〜一息つきましたね
ランタンはな〜、こ〜やって灯けるんじゃ〜
ランタンはな〜、こ〜やって灯けるんじゃ〜
 食事前にバタヤンより提案。周りに迷惑になるでしょうからと、挨拶に行きましょうか?と、そりゃぁバイク13台にいかつい男達が集会したら一般人は怖いでしょうね。さっそく缶ビール2本持ってごあいさつ。これで少しくらい騒いでも大丈夫でしょう・・・バタヤンナイスなご忠告ありがとう。
 
出来たぞ!30人分のカレーが!!
出来たぞ!30人分のカレーが!!
さぁ!乾杯だ!!飲めるぞ〜
さぁ!乾杯だ!!飲めるぞ〜
肉はこうやって焼くのじゃ〜
肉はこうやって焼くのじゃ〜
デザートのスイカ!デカイッ
デザートのスイカ!デカイッ
酔っぱらい〜〜〜
酔っぱらい〜〜〜
ブサイク〜〜
ブサイク〜〜
両手に酒と、カレー好き
両手に酒と、カレー好き
 メニューはカレーと焼肉に冷えた缶ビール・チューハイ・etc.にスイカのデザートです。会長の挨拶と、幹事長の乾杯で、宴が開始され食事もすすんだ頃、闇夜にケータイのベルの音が・・・サコ君ではないか。
 
サコ君キタ〜ぞ!
サコ君キタ〜ぞ!
 すっかり忘れてた。マジこんな暗闇でやってくるとは。でさっそく、管理棟までお出迎え!ナント125ccのホンダ・バイアルスではないか!確か30年くらい前のバイク!!話を聞くとロードサービスのレッカー車にて高速を降り、西城町で軽トラを借りて自分で運転をし、尾道の自宅まで壊れたバイクを運び、再びトラックに動くバイクを積み込み、西城町までトラックを返しに行き、尾道へ帰るより蒜山に来るほうが、距離が近いので来たとのこと。拍手ものですね。この日彼が1番距離を走ってるでしょう!(驚くことにシルクロードのエンジンは3基持っているとのことで、他のエンジンを自分で積み替えて直すらしい)
 
ファイヤー〜!!
ファイヤー〜!!
 その後バーベキューコンロの上で薪を置いて、師匠が待ち望んだ、キャンプファイヤーだ!(ミニが付きますが・・・)やはりキャンプに火を焚くと盛り上がりますな。
 
 しばらくして、後片付けを全員でやり、着替えを済ませたガチャピンが、やくざのオヤビンみたいで『ガチャ・オヤビン』だ!!一同爆笑。再度炎を囲みながら楽しい宴が続き、「アッ」声がする方を見れば、mi君のハードコンタクトレンズの片方が無くなっていた。この暗闇では探し出すことは不可能!mi君もあきらめる頃には、80本もあった飲み物も少なくなり、時間も遅いので宴会は終了、消灯です。

 すでに師匠と、お疲れのサコ君はテントの中へ、皆それぞれの寝ぐらへ入り熟睡です。夜中に爆ふじさんが寝言で叫ぶは、男達のテントでは蛙に負けじと、いびきの大合唱が始まり、さぞや周りのテントへご迷惑をかけたことでしょう・・・
 

7月23日(日)

おはようございます、会長
おはようございます、会長
このカレーうどん、絶品!
このカレーうどん、絶品!
最後のカレーうどん、いただきま〜す
最後のカレーうどん、いただきま〜す
 翌朝7時起床予定が、早い人で6時前には起きて食事の準備にとりかかる。朝のメニューはカレーうどんと野菜サラダ!昨夜の大鍋で作った残りのカレーを温め、うどんを湯がいてかけるだけ。以外と好評のカレーうどんであった。
 
寝てる間に虫に刺された〜
寝てる間に虫に刺された〜
のりたまのバイク今日はピカピカだ!
のりたまのバイク今日はピカピカだ!
 最後に起きてきた森ちゃんの額が虫に刺されて赤くなってる。それと、pekeZSさんの手も赤く腫れてる。他の人は大丈夫かな・・・残りのごはんもキレイにたいらげ、キャンプ場を出る準備!予定より1時間は早く作業が進む。心配していた天気も午前中はなんとか持ちそうな雰囲気だ。
 
車一杯の荷物
車一杯の荷物
主役?のバイアルスを囲んで
主役?のバイアルスを囲んで
 キャンプ場最後の集合記念撮影後、片目のmi君と125ccの迫君は早々帰ることに、ここでお別れ!無事帰れるかな?そして他のメンバーは大山へ向けて走り出しました。
 
鍵掛峠で、ハイ・チーズ!
鍵掛峠で、ハイ・チーズ!
大山が見えたよ
大山が見えたよ
 目指すは大山寺、前を行く車は一台もいない!幹事長を先頭にみんな気分良くコーナーを楽しんで走っていく。高速コーナーやタイトなコーナーを無事通過し大山を望む一番のスポット「鍵掛峠」へ到着。この間約20キロ、この場所からは屏風のように切り立った大山が一望できます。ここで一同記念撮影!しかしここから先は前日の大雨で、道に土砂が崩れ落ち通行止めとなっていました。残念ここで大山寺行きは断念!
 
山口から地図無しで、バイアルス
山口から地図無しで、バイアルス
 するとどこかで見た、小さなバイクが一台やって来て、「地図ないっすか?」と見ればサコ君と色違いの同じバイク、バイアルスではないか。サコ君がいれば「エンジンください」と言うに違いない!ナンバーは山口ナンバー。それもスゴイ!よく地図も持たずにきたもんだ。気を付けてお帰りよ!
 
『湯快館』前のチャリは、ゴーストライダーか!?
『湯快館』前のチャリは、ゴーストライダーか!?
 予定よりも1時間半は早いので、引き返して温泉に入ることに・・・蒜山やつか温泉『湯快館』へ向かうことに。また蒜山高原へ引き返し、蒜山高原内・道の駅でジャージ牛乳使用のソフトクリームに舌鼓!休憩後は数キロ先の「快湯館」へまっしぐら。回数券を買って入用タイム。通常740円が一人600円で入れました。しかしユースケは手首の腱鞘炎のため、入浴せずにお留守番。館内には、露天風呂や、サウナに打たせ湯もあり、ゆっくり入浴できました。生き返ったぞ〜!!
 
高梁SAで休憩
高梁SAで休憩
雨に濡れないように屋根の下に詰めろ
雨に濡れないように屋根の下に詰めろ
 さあ、後はひたすら帰るのみ!温泉から出て、湯原温泉方面へ国道を走り出し(湯原IC)から高速道へ上がり、一路広島へ・・・
 米子道から落合JCT経由、中国道を走り北房JCT経由岡山道を走り、最初の休憩場所の(高梁SA)へ到着する頃には、小雨がぽつりぽつりと降り始める。ここで昼食をとることに。pekeZSさんが昨夜ブトに噛まれ、さらに大きく手を腫らしていました。体調も少し悪いみたいで、食事はせずに休憩してます。どうやらブトと相性が悪いみたいだ。大丈夫かな?出発前にここで、カッパの登場!みんな濡れないように装備し直し、出発です。
 
 岡山JCT経由山陽自動車道へ入り一路(福山SA)へ走ります。ツーリングとはいえ、すでにバラバラに走っている状態ですが、ナントかここまでは無事に走りました。福山に着く頃には雨も本格的に降り始め、ずぶ濡れ状態です。(福山SA)で休憩後はやる気持ちを押さえ、キレイな列を組み広島を目指します。
 
もうビショびしょ
もうビショびしょ
 (奧屋PA)が今回のツーリングの解散場所!みんな無事到着。ここでガチャピンの奥さんがお出迎え!ラブラブ。ガチャピンの車にキャンプ道具の半分を積み替えました。福岡から来た師匠は今夜は広島泊まり、土居君は自分の車で帰ることに・・・まだ先は長いが、気をつけてお帰りよ!会長の挨拶が終わり、解散です。みんな、お疲れさまでした。最後まで気を抜かずに帰れたかな?
 
Copyright(C) 2007 StarTortoise All rights reserved.